So-net無料ブログ作成
世界水泳 ブログトップ

間があいちゃった・・・。 [世界水泳]

ずいぶん間が空いてしまった。まぁ、理由としては、家族の胃腸風邪にちょっと心身共に振り回されていたと言う所。

5月の末に、私も「もしかして、これは、本当にひどい伝染性の病気かも??」と思うほどの腸炎を起こした。

その時は、回りに誰も助けを呼べる人がおらず、(・・・父は、白内障の手術で入院、母はそれの付き添い、だんなは出張中・・・)、文字通り、脱水症状でフラフラになりながら、医者に点滴に通った。

あんなにひどいしつこい腸炎は初めてだったので、腸炎ではあるけど、一時は、本当に生命の危機を感じてしまった・・・。

まぁ、今回の家族の胃腸風邪はそこまでひどくはないが、しつこいという点では、本人も、精神的にきついようで、なだめてなだめての毎日。でも、夏ももう少しで終わり。寒い時程、風邪をひかない人なんで、もう少しの辛抱。

さて、本題。

8~9月は大体「世界選手権」シーズンになり、民放各局でも、水泳や陸上や、柔道を放映する。

水泳では、例のごとく、色々な選手がメダルを取った。最近では、日本人選手も、メダルの射程圏内に充分いることが出来るくらいの、実力を付けてきており、すごい時代・・・いい時代になってきたなぁ・・・と感じる。

特に昨年のアテネオリンピックでは、メダルラッシュで、昔から頑張っている選手や若い選手も、一様にメダルを取った。

北嶋選手は、大活躍であったけど、初めて彼を見たのは、5~6年ほど前か・・・シドニーの前の年の選手権だった。なんか身体は細いけど、やけにギラギラした目をした選手がいるなぁ・・・と言うのが、最初の印象。

なんか、あれよあれよと体が大きくなり、筋肉が付き、落ち着いてきたなぁ・・・と思ったら、アテネの前年の大会で世界新を出し、オリンピックでの金メダルダブルゲット!!

コーチや、回りにいるスタッフ・・・「チーム北嶋」・・・もすごいと思うけど、やはり、メダルを取る選手、インタビューを聞いていても、言っていることが、理路整然として、同世代のよく街角インタビューで出てくるにいちゃん、ねぇちゃんとは、どこか違う・・・。

やはり、世界のトップに行くためには、体力だけではない、頭の良さも必要だと言うことか・・・。


世界水泳 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。