So-net無料ブログ作成

スケートネタ以外でもしゃべりたい事たくさんあるノン・・・・・。 [英語]

【カタコト英語で延々会話】

この前、「英語でしゃべらナイト」見ながら、途中から、だんなと英会話をし始めた。「英会話」・・・なんて言っても、見事なカタコト英語、周りから見たら、とんでもなく笑える英語です。

当然単語力なんてあるわけないから、わからない単語は日本語に置き換えて、絶対普段英語を使っている人には通じない英会話をしていたんだけど、途中から、なぜか夢中になってしまい、1時間半近く、日本語混じり英語で話し続けた。

「マツザカダイスケ is 勝てませんね~~ cause the ball of MLB is bigger than ニッポンプロ野球」

「あ~~~but he has a big tallent 
to basebaall and so 来年 is OKやで~~~」

「By the way Hideki Matsui is ヤバいんちゃう~~ん」

「Yah yah exactly!!He is so ヤバイで~~ on next year」

こんな調子で延々・・・・・・。書いてる方が疲れるピョン。

英語に関しては、私の方がだんなよりも時間もお金もかけているので、ちょっとばかり私の方がしゃべれる。当然、だんなの英語は、発音も悪いし、たどたどしいし、途中何言っているかわからない部分もある。

だけど、将来、何をしたいか、海外へ行ってこんな事も勉強してみたいと言う事をつたない英語で必死にしゃべる彼を見て、途中からからかう気持ちも消え、私も必死になって彼の言いたい事を理解しようとがんばった。

がんばれ!!!もし、海外へ行って勉強したいのなら、その程度の事はしゃべれんと、やっていけんぞっっ!!と言う気持ちでがんばって聞いた。

英会話なんて、所詮慣れの部分が大きい。日本語とは語順が違うので大変だけど、結局、それも慣れ。また、今度だんなと日本語交じりの英会話をするのが楽しみになってきた。


【ドラマ】

きのうからはじまった「医龍2」!!前回放送時、私がはまりまくったドラマです。・・・で、今回も、初回放送、面白かった。最近の日本ドラマ、時間の流れを忘れるくらい集中して見れるのって少ないけど、これは、完全忘れてますな・・・・、時間。

正直、いわゆるトレンディー系の流れを汲むドラマはたるくて見てられんし、ムカついてくるし(・・・本気で・・・)、ほぼ、ドラマは見ないんですが、この「医龍」、大河、後CSIとか・・・はよく見てます。

特に私はキ○○クが嫌いなんで、彼の出てくるドラマは絶対見ないし・・・・。何でオバ様、みんな、見るのか、私には理解不能です。(・・・ファンの人いたら、殺されそうじゃ・・・・)。

「医龍2」は、これからどういうストーリー展開して行くのか、マジ、楽しみです。めちゃくちゃどろどろした所をえぐりだして欲しい。


【クライマックスシリーズ】

ソフトバンク負けた~~~~。も~~~~、腹立つ・・・・。和巳、松中、小久保のよりいっそうの奮起を期待したが・・・・。

スギはよーーやったよ・・・ほんま。

地の利は多少ロッテにあったかもしれんが、う~~~ん、3戦目の成瀬がめちゃくちゃいいピッチャーやったので、まぁ、無理か・・・・。

ワンさんまだ来期もやるらしい。ダイジョブかいな???来期優勝せんかったら、わしゃ許さん・・・・・、頼むし、ワンさん胴上げできるよう選手たちの奮起を望む!!ホンマに。



ハリポタに・・・、ダ・ヴィンチ・コードに・・・・、もっともっと・・・・。 [英語]

ようやく、ハリーポッター6のペーパーバック版

Harry Potter and the Half-Blood Prince [Children's edition]

Harry Potter and the Half-Blood Prince [Children's edition]

  • 作者: J.K. Rowling
  • 出版社/メーカー: Bloomsbury
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: ペーパーバック

 が出たので早速買ってきた。とりあえず、始めの数ページに目を通してみたが、うーーんなんだか面白そう・・・・。案外分厚いが、1から5まで英語版を読み通してきたので、今回もがんばらねば!!

 
でも今は読みかけのダ・ヴィンチ・コード
The Da Vinci Code

The Da Vinci Code

  • 作者: Dan Brown
  • 出版社/メーカー: Random House Large Print
  • 発売日: 2006/03/28
  • メディア: ペーパーバック
を読破するのを目標としているので、こっちのストーリーが落ち着くまで待たなきゃなぁ。
 
他にも英語の原書でついつい詠みたくなって買ってしまった本が、一杯ある。ダン・ブラウン著の本は多分全て買ってしまっているし、あとは、ミステリーも買ってしまった。パトリシア・コーンウェルと、エド・マクベインの著作。果たして、英語で読みきれるのか??
 
後、去年でシアトルマリナーズを引退した長谷川滋利氏に少なからず影響を受けて、金持ち父さんシリーズの多分最新作も買ってしまっているし、一体これらを全て読みきれるのはいつの事か?
 
私にもわからない。
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。